×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

包頭児上田作品

←棋譜ファイル名を指定します。 ←HELPファイル名を指定します(オプション)。

第1図
←動く将棋盤の名前  第1図より
 17飛、同玉、28銀、16玉、27銀、25玉(イ)47馬、65角(ロ)
 にて第2図。

  奇妙な作者名だが、これも「馬賊戦記」からの引用。
  本作は構想作品だが、あれもこれもと盛り込んだら、次々と余詰めが出て
  それ消していくうちに、とんでもない悪形になってしまった。
  構想と配置が合っていない無理作りをするとこうなる。
  それでも珍しい構想なので、修正して載せることにした。
  初手は何とまさかの飛車打ち。 
  変化(イ)ー25玉で17玉は、18銀、同玉、19香、以下馬が動いて詰む。
  実を言うと、盤面48銀、49金はこの変化のためだけの配置・・・



変化ロ図
←動く将棋盤の名前  変化ロ図より
 35歩、47飛成、26香、同と、同銀、16玉、17歩、同龍、同銀、同玉、
 27飛、16玉、76飛、15玉、17飛まで。

  左の図は、作意65角を省いていきなり45飛中合とした局面。
  45飛の意味は、35歩と突かれた時に、47の馬を取る意味である。
  あいにく香は品切れだが、これが初手飛車打ちの効果である。
  角中合を省くと、以下盤面75の飛車が最後に76飛とと金を取って詰む。
  この最後の76飛をさせないための角中合。
  しかし、この角の中合のために、創作上はえらい苦労をすることになった。
  何しろ、角を手持ちに様々な手段が生じるからで、それを打ち消すのは大変だった。
 



紛れ1図
←動く将棋盤の名前  紛れ1図より
 35歩、47角成、35歩、75と、26香、同と、同銀、16玉で打歩詰

  前掲の変化で角中合が出現することになった。
  これを、もし取らずに35歩は、47角成以下左の図のように
  打歩逃れとなる。
  この5段目の中合は、すべて47馬を取る手でなくてはならない。
  そうでなければ、35歩と突かれて終わってしまう。
  ただし、55桂合は、同飛、45飛の時に35歩、47飛成、17桂があるので 
  成立しない。





第2図
←動く将棋盤の名前  第2図より
 65同飛、45飛(ハ)にて第3図。

  創作の動機はこの局面にあった。
  前述したように、(ハ)で45香と合駒されると、作意同様に進み
  47が龍(または飛)ではないので打歩逃れとなる。
  もちろん、この45飛中合に同飛はない。
  34玉として逃れであるが、これがまたむずかしい。
  近代将棋掲載図面では、それも余詰だったようだ。
  ここで、45飛中合をさせて、その後打ち歩打開をする。
  さかのぼって、そのための初手不利先打(?)だったわけだ。 




第3図
←動く将棋盤の名前  第3図より
 35歩、47飛成、34角(A)にて第4図 >

  作意は、45飛を取らずに35歩。
  47飛成として、ここからが面白い。
  作意は34角でこれで角⇒歩の交換となる。
  要するにここからの局面においては、角よりも歩のほうが役に立つ。
  だから、34角という手段が成立する。
  ではもし、この34角をせずに、そこで26香以下進めるとどうなるのか?
  下の図は、その紛れを示したもの。





紛れ2図
←動く将棋盤の名前  紛れ2図より
 26香、同と、同銀、16玉、17歩、同龍、同銀、同玉にて紛れ3図

  詰将棋を作るときに、一番苦労するのが、紛れをどう処理するかだ。
  誰も作ったことがないような詰将棋を作る、それは誰も踏み入れたことのない
  世界に入ることである。
  ギリギリの世界でのことだから、紛れが詰んでしまうことがしばしばある。
  これを何とか、逃れさせるのが技量となるのだが、構想の段階で図化するときの
  ことを、考えておくことが大事だ。
  そうすると、駒数が少なくすっきりと表現できることが多い。
  それを無理やり作ると、本作のようなことになる。
  角を温存して、飛を奪うが・・・  



紛れ3図
←動く将棋盤の名前  紛れ3図より
 28角、16玉、17飛、25玉、39角、26歩、同香、同玉、37銀、25玉
 36銀、26玉、27飛、15玉、16歩、同玉、17歩、15玉にて逃れ。

  左図で飛角を持っていると言うことは実に厄介。
  事実、近代将棋発表時は、この紛れで詰んでしまった。
  この紛れ手順中、最後の15玉に、48角として詰んだ。
  そこで、今回の修正は58と追加、なんとも安易な方法だが、他に
  詰め方39玉を置いてみたり、玉方19金で、変化紛れを処理できないか
  いろいろ試したけれども、これ以上図面を簡素化するのは無理だった。
  え?「39と」は何のためにあるのかって?
  これがなければ、この紛れも元々なかったはずなのに・・

 

紛れ4図
←動く将棋盤の名前  紛れ4図より
 17香、同玉、28銀、16玉、17飛、25玉、47馬、45香、35歩、47香成、
 37銀右、26歩、36銀

  左図は、初形から「玉方39と」を除いた局面。
  するとご覧のように、簡単な余詰。
  詰め方の「29香」を自由にしておくと、こういう余詰めが生じる。
  対して、39と配置・・・
  こうやって、一枚一枚増えていく、何だかいたちごっこのような創作。
  そこまでして、表現する価値があるのかは、もうわからない世界だ。
  ただし、多少込み入った感じは変化と紛れに出ているので、救われているか。
  解答者との勝負が主眼だった、当時を振り返ると、修正に意味があるか疑問。



第4図
←動く将棋盤の名前  第4図より
 同と、同歩、65歩にて第5図。

  丁々発止と続いた空中戦も終わって、いよいよ収束。
  実はこの問題には、解答者との競走と言う観点からすると、疑問が残る。
  それは、前述した角中合をしない手順である。(変化ロ図のところ)
  これが、歩余りの詰み。
  これではいけない、誰も嵌らない。
  そこが命だったのに、構想上無理だった。
  何と言ってもそこが一番悔いの残る点で、今回どうしても直したかったが
  出来なかった。




第5図
←動く将棋盤の名前  第5図より
 26歩、同と、同銀、16玉、17歩、同龍、同銀、同玉、
 27飛、16玉、17香

  あとは、先に読んだ順で詰ますだけで、特にむずかしいところはない。
  今回、失敗作だった本作を並べてみて、実にムキになっている感じがする。  
  そこまでして表現するか!
  なんともほほえましい限りだが、黒田氏をして、何とか実現したと言うのが
  正直なところだろう。
  それにしても、若さにかまけて精錬のかけらもないが、異様な雰囲気だけは
  伝わっただろうか?